カネミとウォルマートお気軽にお問い合わせくださいませ、。

カネミとウォルマートは

眩く激しいこの関係は、どちらにとっても重たすぎますが、2人のダイナミックな面が引きだされるでしょう。ただし、それにはかなりの時間とエネルギーが必要なため、腹立たしくなるかもしれません。しかし、それがなくては生きる実感がありません。2人とも、無感動こそ何より悪いと思っているので、かわりのものでは満足できません。苦しんだとしても、退屈と無縁の関係こそ最高で、さもなければ死んだも同然なのです。無上の喜びもあれば、ぼろぼろに傷つくこともある--そんな疾風怒涛の経験を求める2人は、はたから見ると途方もなく幸運か、不幸のどん底のどちらか、あるいはその両方に思えます。恋愛では絶頂からどん底まで経験します。喜び、悲しみ、幸福、絶望、高揚、憂鬱が、かわるがわる現れ、しかもとまどうほど激しいのです。2人はどこへ向かうのかわからず、ときにはどこから来たのかも知らないまま、激情の嵐にもまれます。それでも共感は深く、相手の感情が手にとるようにわかります。言葉の表現を最高と思う双子座2期にとって、魚座3期の愛の言葉は忘れられないでしょう。結婚とビジネスはあまりうまくいきません。感情の起伏が邪魔をして摩擦が起こりがちでしょう。スムーズに動いていた会社も、歯車が欠けるととたんに停止してしまいます。兄弟姉妹や親子は、感情の爆発から決裂しそうです。おおっぴらな喧嘩は避け、内輪で問題を解決するほうがいいでしょう。友達はコミュニケーションをオープンにして口論を控えればうまくいきます。魚座3期は、抽象的なことをまるで信仰か何かのように熱っぽく語りますが、双子座2期は理性と事実を重んじ、信念を見くびる傾向があります。相手を侮辱せずに意見の違いを認めあい、共感できる活動や話題に戻れば、関係は長続きするでしょう。このひとはときどき、あのひとが言っている話の内容が理解できなくなることがあるはず。話が抽象的なので、具体的なイメージがなかなか思い浮かばないのです。あのひとが、哲学や宗教などの精神的なことに大きな関心を寄せていることを理解してあげるようにしましょう。ノリのいいこの人は相手の調子に合わせてしまいがちです。そのため、相手もその場限りのお付き合いと思ってしまいがちなところもあるようです。あまり調子の良いことばかり言ってくる相手には要注意。出合った当初から、熱烈にアプローチを仕掛けてくるような相手に出会ったら、この人もそれに合わせるのはいいことですが、客観的に相手を見る目を養いましょう。また、言葉よりも相手の行動を見て、その人を判断するくらいの気持ちでいましょう。大げさな会話をしてくる相手には少し疑ってかかるくらいの気持ちが必要です。

このひとは、だんだんと身体が弱ってくると、神経痛やリウマチにかかりやすくなるので注意。リハビリや、基礎体力作りでは、完壁主義のがんばりをみせるでしょう。このひとは過去世で、生まれた土地を遠く離れた地や異国で、名声を得たり成功をおさめたのでしょう。伝統的な文化を海外に持っていって賞賛されたり、あるいは、その才能が異国や海外で認められることになった芸術家だったかもしれません。また、異国の身分の高い人物とかかわったことで名誉を手にしたり、異国や異民族の間で出世や成功をおさめたことも考えられます。そうした日々がこのひとの過去世での生涯でした。そうしたわけで、現世に生まれ変わったこのひとの心の奥底には、過去世での輝かしい思い出が眠っており、なぜか遠い地や異国に魅きつけられることも多いでしょう。またこのひとは、生まれた土地の慣習や封建的な考え方にこだわらないおおらかな考え方にも恵まれており、何事も広い視野で考えることのできる人です。特に異国の人物や文化は、このひとにインスピレーションと栄光をもたらす鍵になりやすいでしょう。しかしそれは、このひとが偏見のない謙虚で理性的な態度で異文化に接する限り、という条件つきです。
自分から積極的にアプローチせずに、相手が来てくれるのを待っていませんか?そして待つているわりに、恋のチャンスを見逃していることも。行動力があってこそ、このひと本来の魅力が相手に伝わるというものです。常識派で恋人にも誠意を見せるこのひとですが、その人なつっこさで誤解を受けることが多いようです。ひとりでいるのが嫌いだから、男性、女性を問わず、このひとのまわりにはいつでも友達がいる状態。恋人には、異性とすごく仲よさそうに話すこのひとが信じられないのです。そして、このひとは恋人がなぜ不満そうなのかわからない・・・。恋人のやきもちに気づいてあげて。わりと奔放。ひと晩だけの関係も抵抗ないが、秘密の守れる人を選ぶ周到さはあるのです。2人は、相手よりも上に立とうとする不可思議なライバル意識にとらわれます。しかし、精神的に成熟していれば、そんなエゴを抑えようとするでしょう。まずエゴの存在を自覚し、次に関係を断つのではなく強化する方向にむけて、ともに努力するのです。しかし、これは容易なことではありません。この関係では、たとえよく理解しあっていても、共感や思いやり乙報酬ヒされません。相手に主役を譲ることを学ぶために、大変な努力が必要になるでしょう--もちろん、それは人間的な成長のチャンスでもあります。恋愛では、牡牛座3期は知らないうちに自己中心的になります。魚座1期は尽くすタイプで、自分を犠牲にすることもあり、そこにつけこまれないよう用心すべきです。さらに魚座1期は尽くしながらも見返りを求める癖があり、恨みを根にもちます。牡牛座3期の態度が横暴だと、溜まった恨みが一気に噴きだす恐れがあります。心を打ち明けるだけでなく、無私の心(見返りを期待しない)で相手に尽くすように努めなければいけません。結婚は、平穏なときはいいのですが、いったん争いが起きると財産の奪い合いになりそうです。子供、家、車、お金、持ち物--これらすべて、あるいはどれかにスポットライトが当たるでしょう。これらは関係そのものに現れるエゴの象徴です。平等でいられるか、破壊的な言動をとらずにいられるかが、2人の成熟度をはかる試金石になります。友達なら、財産問題はないとはいえ、精神や哲学に関して追求するあまり、バランスが崩れるかもしれません。観念論を好む2人ですが、日常生活での責任は放棄しがちな悪癖があるのです。仕事仲間になると、双方にプラスがあります。当人の望みとは関係なく共同作業を強いられるため、自分だけが目立とうとする態度を抑えなければならなくなります。目立とうとやっきになっても、上司からたしなめられ、仕事仲間に厳しく注意されるのがおちでしょう。自分ではけっこう苦労しているつもりでも、人から見ると世間知ら督のお嬢さまタイプ。世間の荒波をかぶった経験が少ないといえるかもしれません。貴族的なムードの人が多いのも奎宿の特徴。おすましやさんのように見られがちですが、意外に奔放な面も。思いきった生きかたをする人もいます。このひとは、誰よりも先に最新情報をキャッチするのが生きがいで、常に人より一歩先をいく負けず嫌いです。センス抜群、おしゃれでスマート。周りの目を意識して、メンツやプライドにこだわります。また、物事にはっきり白黒つけないと気がすまないので、ときにはケンカになることも。主導権を握りたがり、自分が話題の中心になると喜びます。段取りが好きで、自分の計画どおりに仕切りたがります。でも、ちょっとでも予定どおりにいかないと、すぐに投げ出したくなります。自分で思っているより感情が顔に出ているのでわかりやすい人ですが、周囲に感情を悟られたと知ると傷ついてしまう、小心で繊細な面も持っています。厳しい人ゆえ、世間体を気にしすぎて冒険できない傾向にあります。VIP扱いをされることに極めて弱く、おだてられるとつい余計なことを引き受けたり、なんてことも。一本気なこのひとは、いったん人を好きになると、常に相手のことが頭から離れなくなってしまいます。
そんなこのひとにふさわしい相性は、木曜日生まれか、または月曜日生まれか土曜日生まれの男性です。
これらの曜日生まれの男性と結ばれた場合は、多少の喧嘩はあっても、大きな争いに発展することはなく、死ぬまで仲睦まじい関係を維持することができるでしょう。
木曜日生まれの彼は、ハンサムな上に頭も良く、このひとの気持ちをよく理解してくれるので、このひとが嫌がることを無理強いしないで、このひとの自由を尊重してくれます。二人で恵まれた環境のもとに暮らすことができるでしょう。
月曜日生まれの彼は、家庭を大事にする気持ちが強いので、二人して力を合わせ幸せな結婚生活が築いていけます。友人や親類を家に招いて大勢の人々と交流を持ち、その中からこのひとは新しい幸福な生き方を発見することでしょう。
土曜日生まれの彼は、恋愛に対してあまり積極的ではありませんが、誠実な人なので、浮気に悩まされるといったことはないでしょう。強くてたくましく、何事にも勇敢な彼は、このひとにとって実に頼もしく思える存在ですが、度を越すと、人間関係で気まずいものを作りかねないので、その前に彼を制御してあげることも大切です。
逆に、火曜日と水曜日生まれの男性は、感覚の違いで、このひとを常にイライラさせる恐れがあります。このひとは、しっかりとステップを踏みながら着実に歩いていく人なので、無理に派手な野心を持ち、奇抜な行動をすると、あまりいい成果にはつながりません。なかには慎重になりすぎて、疑り深いという印象を周囲に与える人もいます。セオリーは無視。自分流の方法で、幸運をつかむ!胃宿は、反主流であってこそ実力を発揮します。自分のやりかたで進めるほうが、どんな仕事でも成功する可能性が高いはず。職種としては、推理やリサーチ関係の仕事がいちばんおいています。もし、作家をめざすなら、本格推理作家が最適。また、胃という名前が示すとおり、食べ物に関する仕事にも適性があります。まじめによく働くので、金銭面でも一生困らないでしょう。働き者だから、なまけた態度を見せると軽蔑される。思いきって甘えれば、実の母親以上に頼りになる人なのです。